診療機器
テレスコープ(拡大鏡)
マイクロスコープと同じ役割を持ちますが、テレスコープの場合、常に様々な箇所を見ながら同時に手を動かし治療をすることが出来ます。
最大3倍まで拡大でき、患者様の歯の中を見る事が出来ますので、精密治療には欠かせない物となっています。
マイクロスコープ
(歯科用顕微鏡)

人間の目では正確に判断しきれないほど細かく精密な治療を行うときに使用します。最大25倍まで拡大してお口の中が確認できるので、肉眼よりも正確な診断・治療を行うことが可能になります。
レーザー治療器
レーザー治療は歯周病の治療をはじめ、 様々な用途に用いられます。 痛みが少なく、治癒が早いのが特徴です。
 

※写真をクリックすると拡大表示されます。