当院の理念と治療
診療時間・アクセス
スタッフ紹介
院内感染予防対策
当院の設備について
当院の理念と治療
院長趣味の部屋
HOME
当院の治療理念 歯周病治療 インプラント治療
審美治療 義歯による欠損部の治療 メンテナンス・PMTC
※上記項目をクリックすると、下に説明が表示されます。
歯周病治療
以前では歯周病がひどくなると、歯を抜かなくてはならないのが一般的でした。しかし現在では、歯周病の原因と予防法が解明され、一度失った骨も治療を行うことにより、 骨を再生させることが可能になりました。
 
perio(歯周病)になる原因   perio(歯周病)の審査
1. 歯周病菌がお口の中で繁殖することにより、骨を溶かします。
2. 歯ぎしりは、歯の根をゆるがして歯周病を悪化させます。
3. 睡眠不足やストレスは免疫力の低下により悪影響を与えます。
4. たばこを吸う人は歯周病の悪化する確率が非常に高くなります。
5. 糖尿病等全身疾患は体の抵抗力を弱め、歯周病を悪化させます。
1. 歯と歯ぐきの境の溝(ポケット)の深さの測定。
2. レントゲンによる骨の吸収程度の確認。
3. 噛み合わせの審査。
4. 歯周病菌の測定を行ない、口の中の細菌の種類と数の検査。
5. プラーク(歯に付着した汚れ)量の検査。
perio(歯周病)の治療法   perio(歯周病)にならない為には…
1. 日々のブラッシング(歯みがき)は歯周病治療の基本です。
2. ルートプレーニングといわれる奥深く進入した歯周病菌の原因である歯石の除去を行います。
3. 噛み合わせの調整。
4. 軽度な場合は歯周病菌を殺す薬を使用します。
5.中程度から重度までの状態はflap opelationといわれる不快部分の歯石を取る治療を行います。
1. 歯と歯ぐきの境の溝(ポケット)の深さの測定。
2. レントゲンによる骨の吸収程度の確認。
3. 噛み合わせの審査。
4. 歯周病菌の測定を行ない、口の中の細菌の種類と数の検査。
5. プラーク(歯に付着した汚れ)量の検査。

診療時間・アクセススタッフ紹介院内感染予防対策当院の設備について当院の理念と治療院長趣味の部屋HOME
Copyright(c) 2006 Yamamoto Dental Clinic , All Right Reserved .